水引で分類する祝儀袋の種類と用途

 祝儀袋を結んでいる紐を「水引」といいます。右上に付いている飾りが「のし」で、「のしあわび」の略です。祝儀袋を結んでいる「水引」で種類分けすると、「結び切り」と「蝶結び」に分かれます。
 「結び切り」の種類は複数ありますが、特徴は、紐の両側を引くと結び目が強まります。 結びが強く、解けないのが「結び切り」で、結婚式や病気見舞に使われ二度目を行わないようにする意味が込められています。
 「蝶結び」は一般のお祝い事に使われます。 誕生、入園、入学、卒業、成人、昇進、新築、そして長寿を祝う儀式等に使われます。
 水引を使用しないものもあります。 病気見舞などは、再び起こらないことを願って「のし」のない「結び切り」を使用するとの説明も見かけますが、祝い事を連想することから、水引のないものを使用したほうがよいとの説明が多くあります。 病気の全快祝いは「結び切り」を使用します。 災害見舞は、水引を使用しません。


祝儀袋_結び切り 祝儀袋_蝶結び 簡単なお礼やお見舞袋
祝儀袋(結び切り) 祝儀袋(蝶結び) お礼やお見舞袋
結婚式 一般のお祝い 簡単なお礼や、病気見舞等
全快祝いの水引の色は、赤白が使われる。


 祝儀袋は飾り付けの豪華な物から、水引が印刷してある簡略のものもあります。 祝儀袋に入れる金額によって使い分けます。


    ご祝儀の種類や金額に合った祝儀袋を選びましょう。